援助交際でのドタキャン防止

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

出会い系サイトで援助交際目的の女を見つけて会うとき、問題になるのがドタキャンだ。こちらとしては性欲が高まっていてセックスする気満々で会いに行ったのに出会えないわけだからたまらない。普通の風俗やデリヘルではありえないことだ。でも、出会い系サイトの場合は本番の条件の交渉もできるしコンドーム無しの生セックスができる魅力があるからやめられない。ではどうしたらドタキャンの悲劇からまぬがれられるのか、一つの方法として私が提案したいのは裏風俗との接触である。

出会い系サイトでの裏風俗は無許可のデリヘル業者のことだ。出会い系サイトでは横行していて、掲示板で募集していたりメールをしてくることもある。基本的にはこういった裏風俗業者との出会いは避けたほうがいい。なぜなら援助希望の女が未成年者ということが多いからだ。でも、裏風俗も利用の仕方によってはドタキャンを回避できる味方になってくれる。どういうことかというと、裏風俗の場合は無許可とはいえ仕事のようなものだから確実に援助希望女を手配してくれるからだ。ドタキャンの可能性は極めて低い。しかも1回利用すれば、こちらが希望しなくても援助希望女を紹介してくれたりする。問題は裏風俗とは接触しても未成年者との接触をしないようにすることだ。

会うときは、必ず身分証明書などの本人の確認ができる情報アイテムを持ってきてもらうようにする。これを見せられないという相手は断るのだ。身分証明書などの情報アイテムを確認すれば18歳以上か確認できるわけだから安心だ。こうすればドタキャンから回避される可能性は高い。裏風俗も使い方次第、即日素人とエッチをするには頼もしいパートナーにもなりえるのだ。

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す