個人援交している年齢偽証のJK

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

JK

出会い系サイトの援交募集の中には年齢を詐称しているJKが存在する。男女の出会いというのは、時に嘘を付くことも大事だ。これは、嘘をついたことによって、相手との接点を確実に持つことができる部分もあるし、何よりも信頼される可能性が高い、後から違いますと言われても、やっていることを避けることは出来ない。これは出会い系の場でも同じで、援交の金額さえ合っていれば、それ以外の理由は嘘でも構わないのである。
年齢を偽るJKも、最近よく出ている。特に掲示板に出没しており、LINEなどのIDを交換した上で、色々な話をすることになる。情報によると、本番の条件が結構低く、中には1万円台でセックス可能となるケースがある。デリヘルの安いところより使いやすいから、裏風俗並みの金額でも十分遊べるのだ。裏風俗ならつかまるが、意外と援助というのは発見されにくいところもある。

アダルトの掲示板を利用することになるが、年齢を偽るJKはすぐに見つからない。はっきり言って難易度の高いものだが、PRなどで受験勉強中、学校卒業、などと書かれている女性にアタックすると、稀に本物の女子高生が引っかかる。裏風俗の女性が結構嘘をついて、こうした書き込みをしているが、これは出会い系なら仕方ないことだ。まずはJKを匂わせるキーワードが書かれているものからアタックしよう。
次に援交の交渉をするが、大体JKというのは、その場しのぎのお金さえあれば十分だと思って

いる。だからこそ、情報どおり安い金額でセックスが出来る。私が出会った年齢を偽るJKは、2万円出すよと連絡すると、そんなにくれるのと返してきた。それくらいお金に困っているわけではなく、遊べる金さえあれば援助は簡単に出来るのである。

注意すべき点は、出会うまで油断しないことだ。年齢を偽るJKは、コスプレをしている年齢の高い人の可能性もある。1度それに引っかかって、嫌な気分で援助したこともあるので、それは避けたい。一目見て、自分が求めているようなJKかどうか見てから、駄目なら嘘をついて会わなければいい。本物なら当然接点を持って、いい出会いをすべきである。

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す