援交女性に生中出しする安全対策~新大久保で取材した性病の不安

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

※撮影承諾済みのクソビッチな援交女性

 

出会い系で援交していた新大久保に住む女性の家に遊びに行ってきた。そこで生セックスしてきた事例をシェアしてみようと思う。

実際、生中出しOKというクソビッチとの出会いは非常に不安だった次第だ。しかも、見ず知らずの男性を家に呼ぶ!生中出しOKという嘘みたいな援助交際の募集。その援交ビッチに出会い著者は直接聞いてみた。

性病とか怖くないの?という質問からの流れでいくつかわかった!生中出しをする前の確認事項。

この時の出会いから得られた!可能な限りの安全な性病対策を伝えてみるので参考にして欲しい。

この日、著者は無性に生中出しをしたくなった。

アソコに絡みつく膣のヒダの感覚。女性を責めに攻めて、子宮の奥深くに自分の遺伝子を含めた精子をたっぷりと注入した時の征服感は生セックスならではのもの。

これに勝るセックスはないと言っても過言ではない。

生中出しに対する3つのハードル

問題が3つある。

  1. 相手が妊娠した時の責任や罪悪感
  2. そもそも生中出しをOKしてくれる女性が少ない
  3. 性病への不安(本音ではコレが一番不安)

この3つの問題があるから生中出しは結婚を前提にした女でないとできない。遊びの女性とは、結局無難なコンドームを使用してのセックスということで落ち着くことが多いのではないだろうか?

ただし、相手が風俗嬢や援交女性であれば妊娠した時の責任感は一切感じることがない。男の身勝手というやつ。知らぬが仏で楽しめるというやつだ。だから、生中出しをOKしてくれる女性を見つけてセックスするのが願望実現の現実的な方法なんじゃないかな~と思うわけ。

生中出しを許してくれる女性との出会い

上図はPCMAXで検索した画像

以下、難易度順に並べてみよう。

  1. ナンパした女との即ヤリコース(難易度高)
  2. ソープ嬢から気に入られて生中しOKを貰う(難易度中)
  3. 出会い系で援交している生中しOKの女性(難易度楽チン

よほどオツムが弱い!流されやすいメンヘラ。もしくは、ピルを飲んで妊娠を予防しながら身体を張る!援交嬢以外は見知らぬ男性と生中出しを許してくれる女性はほぼいないと考えて間違いはない。ソープに何度も通って拝み倒しても難易度は高い。

そこでターゲットとなる女性は、ピルを飲んで妊娠を予防している出会い系で募集している援交女性がターゲットになる。

援交嬢の中にはピルも飲まずに、エッチ後に即熱いシャワーを膣内に流し込んで、精子を殺している女性もいるから驚きだ。まるで膣ドカタの仕事根性でもある。こういったビッチは掲示板で探せば以外に多くいる。

生中OKの女性を掲示板で探す方法と相場

※上図はメルパラの掲示板を抜粋

各出会い系のアダルト掲示板の検索機能を使えば生中出しOKの女性を絞り込んで探すことができる。

決して案件は多くはない。だが、真性の神待ち女性を探すよりははるかに簡単だ。以外に探せる時は探せるので試してみて欲しい。40代、50代の年増の女性は生中出しは簡単にOKしてくれるだろう。むしろ、暗黙の了解で生中を許している熟女もいる。

10代から20代の女性で生セックスOKと掲示板に書いている女性が見つかったら大チャンスである。即座にメールで交渉を持ちかけてみよう。メルパラなどでは稀に3Pの生中出し案件も探せる時がある。(先客がいたので交渉は成立しなくて無念・・)

東京都内の生中出しの条件相場は2万円~2万五千円。

激安案件だとイチゴ(一万五千円)でまとまる時も稀にはある。だが、そこそこ可愛い女性との生中を希望するならば、自分に安い値段を付けている女性は要注意である。

出会い系援交の詳しい交渉方法はコチラ

援交女性に聞いてみた!性病と避妊に対する考え方。

この日、PCMAXで無事に生中の交渉がまとまり!JR新大久保駅で待ち合わせ。大久保にある女性の自宅アパートに来るように指定される。外に出るのが面倒らしくて、わざわざ見ず知らずの男性を自宅に呼ぶ援交慣れした女性だ。

多少の不安があったが、ホテル代が節約できるのでトータル2万円で彼女の自宅で生中をすることに。

駅から歩いて数分後。指定された場所に着いた。かなりのボロアパートかと思いきや、以外に清潔な感じのアパートだったので安心した。彼女の自宅に着いた後にベルを鳴らす。『○○さんですね。どうぞ』と聞こえてドアが開く。現れたのは決して可愛いとは言えないが、スリムな感じの小柄な女性だった。

私は小柄でスリムな女性が大好きだ!貧乳であればなおイイ!ロリフェチでもある。部屋に案内されると、以外に清潔な1LDKの部屋。援交ビッチらしからぬ!普通の女の子の部屋だ。

この時、世間話しをしてからセックスへと以降するのだが、今回出会った女性に直接取材してみようと試みた。

『ね!生中出しは怖くない?』

この質問をぶつけた時に援交している女性の本音が以下の言葉である。

『大丈夫!ピルを飲んでるし。後、念の為に洗うから..照笑』

しっかり避妊に関する予防はしているようだ。だが、ワタシが本当に危惧するのは性病である。クラミジア、淋病、梅毒等。最悪なのはHIV(エイズ)などに感染したら超最悪な事態である。

ましてや、かなりのアバズレ度なので非常に不安でもあった。

この不安があるから出会い系で不特定多数の男性と生セックスしている女性にノーヘル(ゴムなし)で挑むのが怖いのだ。

『いやいや、そうじゃなくて性病とかさ!大丈夫なの(笑)』

『多分(笑)ワタシ、年に数回したサイトやっていないから。後、一応は検査しているよ。』

『嘘付け~(心の声)』

これ以上聞いたら、『性病怖いなら生中なんか希望するなよ!』という激しいツッコミがきそうなので辞めた。

つまり、100%安全な生中出しなどは存在しない。そういうことになる。ただ、相手から安心できる何らかの情報が欲しかっだけ。

これらの情報を聞いておくだけで肌感覚で危険度を察するのだ。

『性病大丈夫?』と聞いても、本質的には無意味な質問でもある。

性病予防!5つの確認事項!女性のアソコと自分の状態を知る

この方法は決して安全なわけではない。可能な限りのリスクを回避する為の予防策だ。生中出しはあらゆる性病感染の可能性があることを忘れてはいけない。

やれることと言えば、女性のアソコを目視と匂いで確認するっきゃない。パイパンだと毛じらみ等の性病は安全だと判断できる、

もしも以下の項目に当てはまれば即座生挿入は諦めてゴムを付けることをおすすめする。逆に大丈夫だと判断した場合は、自己責任でGOだ。

  1. アソコから白いオリモノみたいなものが出ている(超危険サイン)
  2. 異常な匂いを放っている(超危険サイン)
  3. 自分のアソコが傷ついている状態(要注意レベル)
  4. 風邪をひいている自分。(注意レベル)
  5. 体力が極度に消耗している自分(注意レベル)

ノーヘル(ゴムなし)で挑む時は、周囲の状況や自分に状況をよく見て判断することが大切だと気付いた次第。

私の体調と彼女のアソコは目視、嗅覚確認を経て問題ないと判断。前戯のフリをしてよく確認後、生挿入。

『やっぱ生は気持ちいい~わ~』

彼女は思ったよりもアソコがキツマンで即座に果ててしましました。こっから凄いのは、イッた後もピクピクとアソコを締めてくるテクニックと密着感に感動。思わず!ありがとうと合体したまましばらくは離れることができなかった。その後に二回戦へ!これで2万円なら激安だ!デリヘルで本番するよりもコスパが良すぎる。

本当は一回イッた後は、即座にシャワー室で殺菌処理をすることがオススメ!

念には念を!プレイ後はグリンスで消毒!

プレイ後はで高温シャワーでアソコを消毒。果てた後は、悪あがきに近い行為ではある。だがやるのとやらないのとでは違うような気がする。特にグリンスという石鹸を用意できるなら心理的な安心感は増すだろう。

グリンスは肌に寄生している細菌を殺す成分が強い為、風俗産業が業務甩に使用している石鹸でもある。グリンスは性病予防の消毒剤として定評がある。淋病程度なら簡単に殺せる成分が入っている。安価なので生好きの男性は常備しておいても良いだろう。

もしも自分のアソコが性病に感染していたら、グリンスで洗うと猛烈に痛いらしい!ゆえに性病判定ができる消毒石鹸でもあるのだ。プロの中出し嬢がほぼ全員使って客の性病を判定しているとの情報もある。

まとめ

彼女とのセックス後。2週間が経過しても局部のかゆみ、高熱、激しい下痢等は現れてはいない。毎度、胸をホッと撫で下ろせる瞬間でもある。ぶっちゃけ、性病が怖いのであれば生中出しはオススメはできない。ま!確率的にはヤンキーに絡まれるくらいの確率ではあるが100%安全なセックスなど存在はしない。

快楽至上主義の私は、あらゆるリスクを負って楽しんでいる。性病を恐れてセックスに消極的な姿勢は人生を損していると思うから。

生中出しを必要以上に恐れる必要もないが、快楽に伴う代償への覚悟も必要である。

だから、私は一年に3回程度しか生中出しセックスはしないようにしている。あくまで事故の確率を減らすためにでもある。

『生挿入!生中はたま~にやるから快楽が倍増するのだ。』

やる時は自己責任でお願いしますw

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す