バンコクのゴーゴーバー体験談!夜遊び風俗の本番相場

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

バンコクの夜遊び名物の1つ!ゴーゴーバーとは、合法的に女性をお持ち帰りできる風俗バーのことである。また、世界でも有名な風俗の聖地がタイのバンコクとも言えよう。下着姿の女性がゴロゴロいるソイボーイの実況動画を文中で公開しているので雰囲気だけでも感じて欲しい。

このタイのバンコクにはそれこそさまざまなタイプの風俗店が存在している。日本と同じようなソープランドもあれば、手コキなどで抜いてくれるマッサージ店もある。また、キャバクラのような店も存在しており、これは一見ただの飲み屋のようだが交渉次第で持ち帰りができるという点が他のお店とは異なっている。

これもセックスができるという点で風俗店と同じカテゴリーに入れても良いだろう。このような風俗店が存在するなかで、日本には存在しない異質の風俗がある。それが今回紹介するゴーゴーバーだ。

ゴーゴーバーというのは下着姿の女の子達がポールダンスしながら踊っているのを眺めながら飲むという形式のバーになっている。

また、中の踊り子を連れ出して、店先の外で気持ちよく飲むことも可能だ。

ゴーゴーバーを10倍楽しむ為の夜遊び術&体験談

ゴーゴーバーではセクシーな格好をした女の子を横に着けて、おさわりしながら飲むことも可能。さらにうれしいのはここで働いている女の子をショートという形で部屋に持って帰って本番したり、ロングという形でホテルに朝までホテルで本番を楽しむことが出来るということだ。

バンコクゴーゴーバーの3大有名エリア

バンコクのゴーゴーバーの有名なエリアは3つになる。それがソイカーボーイ、ナナプラザ、バッポンだ。ナナプラザについてはショッピングモールのようなところにバービアと呼ばれる飲み屋やゴーゴーバーが入居する形になっている。

建物が丸々風俗スポットになっているという様相を見ると、初めて来た日本人が度肝を抜かれるのは間違いない。また、ソイカーボーイというのもナナプラザと並んで人気があるゴーゴーバーエリアになる。

特にこのソイカーボーイにはバカラと呼ばれる超人気ゴーゴーバーが存在しており、このバカラにはゴールデンウィークやお盆期間などは日本人客が集まって、入店することも困難になる。

そして、最後がバッポンだ。このバッポンというエリアはバンコクの歓楽街でたくさんのゴーゴーバーやバービアでにぎわっている。また、この近くには日本語が通じるカラオケとして有名なタニヤがあり、ゴーゴーバーとカラオケ遊びの両方が楽しめて一石二鳥でもある。

ゴーゴーバーの相場は2000パーツから

ちなみに、ゴーゴーバーの相場はショートタイムが2,000~3,000バーツ程度、ロングが4,000バーツ程度と言われている。2016年12月1日時点のレートで換算すると、大体ショートが6,400~9,600円程度、ロングが12,800円程度となっている。格安デリヘル一回程度の値段で女の子(格安デリヘルとは比べ物にならないくらいレベルの高い女の子)を一晩持ち帰って、本番することが出来るというのは日本の風俗から考えると、恐ろしいコストパフォーマンスということが出来る。

成田から往復3.5万!バンコク風俗の体験談

さて、風俗のプロフェッショナルを自称する私だが、実は一つコンプレックスがある。それが海外の風俗の体験がほとんどといっていいほどないことだ。日本の風俗についてはかなりマニアックなところまで押さえたつもりではあるが、タイに駐在している大学時代の友人から「タイの風俗に行ったら、日本の風俗に行く気無くなったよ。だってしょぼいし。」という衝撃の発言を聞いた。

たしかに、タイの風俗がすごいという話はよく聞く話だ。タイに駐在している友人は自分とは学生時代、風俗遊びの仲間・出会い系サイトの師匠として行動をともにしていたのだが、タイに行ってからは日本の風俗に行く気が起きないと言って、全く付き合ってくれなくなってしまった。しかし、この度その友人から「一度タイに遊びにおいでよ」というお誘いがあった。ついに願っていた時が来たと思い、長期連休を利用して、一路バンコクへ向かった。

エアアジアが激安!まずはマッサージパーラへ向かう


成田からエアアジアの直行便が出ていたので、それに乗ることにした。かなり前から予約していたこともあるが、料金は往復で3万5千円程度。もっと海外旅行というのは高いと思っていたので意外だった。ちなみに、飛行機の飛行時間は6時間程度だった。ドンムアン空港という空港に到着すると、友人が迎えに来てくれていたので、友人とタクシーで移動することに。思い出話もそこそこに「じゃあまずソープから行くか。」という友人の誘いを皮切りにバンコクで超有名らしいソープランドのポセイドンへ直行。こちらではソープのことはマッサージパーラーというらしい。ここではレベル別に2、3階に分かれており、3階のソープ嬢のレベルの高さには驚いた。

手始めに1万円で2回戦の本番

その後はプロンポンというところに移動して、エロマッサージへ。こちらも本番付きなのだが、顔はブッサだったけど、細身のロリっ子娘と2回戦。1万円程度という驚異のコスパ。今回は2泊3日の予定だが、4泊もすれば飛行機代を入れても完全に元が取れると思う。それくらいバンコクの風俗関係の値段は格安だった。初日はそんな感じで日本と同じように遊んだ。遊び疲れて、あまり夜遅くまで行動せず、その日はホテルに日付が変わる前に帰ることにした。

ちなみに、バンコクでは「S15スクンビットホテル」というホテルに泊まった。よくわからなかったが、インターネットではナナプラザとソイカウボーイというゴーゴーバーエリアの中間にあって便がいいと書かれていたので、このホテルを予約した。部屋も清潔で安心して宿泊することが出来た。

バンコクの夜遊び&観光はここら周辺に宿泊すると便利なので一応紹介。

S15スクンビットホテルの住所:217 Sukhumvit 15, Klongtoey-Nua | Wattana, Bangkok 10110, Thailand (Sukhumvit)

下着姿の女性ばかり!ソイカウボーイの迫力に呆然!

そして、次の日の夜噂に聞くゴーゴーバーというスポットに行くことになった。当日、友人に連れられてタクシーに乗り、タクシーでソイカウボーイという場所に向かうことに。歩いても行ける距離のような気もしたが、暑いからタイではタクシーで移動するのが普通とのこと。確かにちょっとした距離でも数百円で言ってくれるので下手に体力を使うよりは良さそうだと納得。

ソイカウボーイというエリアにたどり着くと・・・その迫力にしばし茫然・・・。下着姿の女の子が並んで激しく客引きをしてくる。

すごい!正直歌舞伎町の客引きがかわいく見えた。

かわいくて愛想のいい子が抱き着いてきたので、その店に入ろうとすると、「ダメだよ!その店レベル低いから!とりあえずおすすめの店があるからそこまで我慢して!」と友人からダメ出しされる。「さっきの子でも十分かわいいと思ったが・・・。」。そうこうしているうちに友人おすすめのゴーゴーバーに到着。激しい音楽が漏れ聞こえてくる。ちなみに、「バカラ」という名前らしい。

入店すると、パチンコ店ばりの爆音で音楽がかかっている。しかも中央のポールのところで女の子たちがセクシーダンス・・・めっちゃかわいい!しかも若い!!何だここは!!

友人からの忠告!ニューハーフに注意

ニューハーフやオカマが嫌いな男性もいることだろう。著者もその一人だ。タイの風俗嬢にはニューハーフやアソコが付いたままのオカマもいるので要注意である。大半は声でわかる。声帯手術は非常に高額なので、声だけは男のままのニューハーフも多数いる。友人いわく!どうしても不安であれば、失礼を承知で「アーユーハーフ?」と聞けば快く教えてくれるとのことだ。びっくりするくらいに可愛い女性でもベッドに入ったら男だった!なんていうオチにならないように事前確認は重要だと思った次第である。

超可愛いタイ娘を騎乗位のままビールを飲む

そして、友人に連れられて着席すると、ウエイトレスみたいな女の子が注文を取りにくる。とりあえず、シンハビールというタイのビールを頼んでみる。タイではビールに氷を入れて飲むのが普通らしい。昨日それを知って驚いた。友人と乾杯して、踊る女の子たちを見ながら目の保養をしていると、またかわいらしい女の子がハローといいながら、「日本人~?」と聞いてくる。

そして、「ビールおごって~」と片言で言ってくる。そのまま自分の椅子の横に座ろうとしてきたので、席を開けようとすると、友人が「その子でいいの?横に座らせると他の女の子呼べなくなるけど」と言い出した。ふむ。ちょっと冷静になって、踊っている女の子を見てみると、10代の頃のSPEEDの今井絵理子似の子が右端にいるのを発見。「おぉ!めっちゃかわいい」と思い、友人にその旨を伝えると、ダンス後にその子を友人が呼んでくれた。隣に座る今井絵理子ちゃん。かわいい。

 

「こんにちは~。」と話しかけてくる。どうやらここにいる子たちは片言の日本語なら話せるらしい。そういえば客も日本人が多い。隣の席も日本人だ。その後名前を聞いてみると、「ポーイ」と答えてきた。タイ人の名前は覚えにくいと思っていたが、これは簡単だ。早速「ポーイちゃん、ポーイちゃん」と呼びかけながら膝の上に座らせてみる。そうすると、自分の上に座って向かい合った体勢になって騎乗位のようにバウンドしてくる。これはたまらない。と、友人を見ると手島優似のギャルの巨乳に顔をうずめて楽しんでいる。

チップ込みの約25000円!朝までお持ち帰り!

どうやら、日本のキャバクラでは考えられないくらいハードにいってもいいようだ。結局そのままポーイちゃんのおっぱいを揉んだり、キスしたりしていると、ポーイちゃんが「ホテルオッケー。」みたいなことを聞いてくる。友人の方を見ると、「気に入ったんなら、持ち帰っちゃいなよ」と言っている。もうムラムラした気持ちが抑えきれないので、お会計。持ち替えりの値段は6,000バーツとのことで事前にネットで調べた値段より高かった。

友人に確認してもらうと、人気のある子なので高いというママさんの回答。とりあえず、この6,000バーツは女の子とセックスした後に払えばいいという話だった。その後、お店から出る時に会計として、2,000バーツがかかった。どうやらペイバー代という700バーツ連れ出し料金と女の子が飲んだビール代1杯200バーツがかかっている様子。女の子が知らぬ間に4杯もビールを飲んでいたので、これだけの値段になっているよう。

まぁ、それでも圧倒的に安いけど。店を出るとタクシーを捕まえた。友人が自分が泊まっているホテルの名前をタクシーの運ちゃんに告げてくれた。タクシーでは5分程度の距離だった。タクシーの中でも女の子は自分の足に足を絡めてきて、息子はギンギンになっておさまりがつかなかった。

その後、ホテルの受付で止められるかと心配したが、受付は一瞥もせずに完全にスルー。あっさりと部屋までたどり着いた。その後はお互いシャワーを浴びてベッドイン。お店の激しいイチャイチャぶりと比較すると、ベッドでは少々マグロだったのが残念だったが、おっぱいの形もきれいで何より若く、結局その日は2発ポーイちゃんの若い体に発射させてもらった。

ゴーゴー嬢とチョメチョメした後の感想

2回セックスした後、翌朝は6時に起き、女の子が帰る前にもう一発セックス。最後に6,000バーツとチップとして2,000バーツを渡した。相場が分からなかったが、女の子が特に何か言うことはなかったので、まぁ妥当な額だったのかとは思う。ちょっと多かったかもしれない。

ただ、若くて日本なら高級デリヘルなどでしか会えないような女の子と一晩一緒に抱き合って寝て、3回もセックスして、約25,000円程度なら十分にもとが取れると感じた。

ちなみに、生本番は絶対危険である。エイズや性病も怖いので、さすがの著者も交渉すらしなかった。

それでも、タイのゴーゴーバーはマジ楽しかったぁ・・

物価も激安!マッサージも安い!バンコクの夜遊び&風俗旅行は是非経験してみると良いだろう。

絶対楽しめること!間違いなしだ!

 

 

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す