池袋デリヘル本番

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

池袋のアジアンデリヘルで交渉なしで本番をすることができた。その体験を振り返ってみて、アジアンデリへルの特徴や背景を自分なりにレポートとしてまとめてみた。

池袋のデリヘル嬢

池袋のアジアンデリヘルに興味のある読者には必ず役立つレポートになっているはずだ!

興味のある男性は一読してみてくれ!

東京のターミナル駅である池袋についてもデリヘルは多数存在している。昔から池袋は風俗店が栄えていることでも有名な地域であった。さて、この池袋のデリヘルであるが、ここ10年くらいの間に大きく変化したポイントがある。それが、アジアンデリヘルの増加だ。
アジアンデリヘルといえば、その名を有名にしたのは鶯谷の韓国デリヘルだ。鶯谷の韓国デリヘルは整形大国韓国のモデルのような美女たちと生本番ができるというサービスで抜群の人気を誇っている裏風俗でもある。これに対して、池袋のアジアンデリヘルは中国人が中心となっているのが特徴だ。それこそアベノミクスがスタートする前の超円高の時期については若くてかわいい中国人の女の子がごろごろしていたのが池袋のアジアンデリヘルである。近年は円安になってしまった影響もあり、女の子の質・量ともに低下しているが、いまだに池袋のデリヘルにおいてはアジアンデリヘルが一大勢力となっているのは間違いない事実だ。

池袋のデリヘルで本番できるのか?

さて、このようなアジアンデリヘルであるが、実際に本番はできるのであろうか。デリヘル以外でもアジア人女性が中心となった風俗は日本に多数存在している。その代表例が韓国エステ・中国エステといったようなエステのサービスに性的サービスがついたという風俗の形式だ。ただ、このような韓国エステ・中国エステといったようなエステ店でも結構簡単に本番ができてしまったという話はよく聞くことがある。また、本番のサービスが基本となっているような裏風俗と呼べるようなエステも存在している。中国・韓国などのアジア人女性と本番するのは日本人女性と本番するよりもハードルが低い印象がある。そこから考えていくと池袋のアジアンデリヘルにおいても比較的簡単に本番ができるのではないかと考えられる。実際に池袋のアジアンデリヘルで本番サービスを受けることができるのかを確かめるために、筆者自身が池袋のアジアンデリヘルでサービスを受けてみることにした。以下にその体験談を記載する。

本番が基本サービスのアジアンデリヘル

2016年1月、年が明けて早々、街はお正月気分一色という正月休みにどうしても女を抱きたくて仕方なくなってしまった。

ちょうどその日は友人との約束があり、池袋に出てくる用事があったので、池袋のデリヘルを利用することにした。

池袋のデリヘルについては前々から興味があったアジアンデリヘルを利用してみることにする。

友人がアジアンデリヘルを利用して、安い値段で本番で来てしまったとのことで期待が膨らむ。

自分が選んだ店は『○○○○アイランド』というアジアンデリヘル店になる。この○○○○アイランドは某掲示板などでも人気の高いお店であり、本番のサービスもついてくると評判だ。実際に検証してみることにする。

さて、この○○○○アイランドにさっそく電話をしてみることにする。

すると、外国人のママさんが電話に出る。一番人気の○○ちゃんを指名すると、2時間後なら予約が取れるとのこと。

せっかくなので、一番人気の子に入りたいと思い、○○ちゃんに入る旨と120分コースをお願いしたいということを伝えた。料金は120分で2万円。やはり、日本人のデリヘルと比較すると、圧倒的に安い。

その後、2時間ほど池袋のカスタマカフェのいうネットカフェで時間をつぶす。

その後、池袋東口にあるショコラというラブホテルにチェックイン。このホテルは東口からも近く、休憩の料金もリーズナブル、しかもきれいなので好んで使っているラブホテルだ。

120分のコースだったので余裕を見て、3時間の休憩を選択する。5,000円程度だった。

お店にホテル名と部屋番号を伝える電話をして10分ほどすると、○○ちゃんがホテルに到着。

第一印象としてはまず「若い!」ということ。

アジアンデリヘル嬢

年齢を聞くと、21歳。普段は都内の専門学校に通っているとのこと。

日本語学校で2年間勉強していたらしく、日本語はペラペラ。

早速洋服を脱いでシャワーへ。
○○ちゃん、おっぱいは残念だったが、くびれがあってスタイルはなかなか。

その後、シャワーを浴びた後はベッドに移動してプレイスタート。

2時間待っていた自分の性欲は爆発寸前で、ひたすら○○ちゃんを攻め続ける。

デリヘル本番

あえぐ○○ちゃん。20分ほど攻めまくったところで、○○ちゃんがコンドームを出してくる。

そしてそのまま本番サービスへ。

 

『交渉も何もなかった。あくまで自然の流れ!!』

 

やはり本当のセックスは素股とは比べものにならないほど気持ちいい。

あっという間に○○ちゃんの中で発射してしまう。

その後、2時間プレイはもう一発発射していいということだったので、再度プレイ開始。

裏風俗ならではの時間を存分に楽しむ♪

注意事項

当HPでは○○○○アイランドは本番できる店とは断定はしていません。あくまで、著者による主観的な体験談です。デリヘルでの本番行為は基本NGだと言うことを忘れないで欲しいです。

池袋のデリヘルで本番したいならアジアンデリヘルへ行こう!

池袋のデリヘルで本番をしたいと思った場合にはアジアンデリヘルを選ぶのが良いだろう。アジアンデリヘルで働いている外国人の女の子は日本語がかなり流暢にしゃべれる子も多く、ほとんどの子はある程度日本語でコミュニケーションをとることができる。したがって、どうしても日本人でなくては嫌だという人以外は安価な値段でプレイできるアジアンデリヘルは十分に選択肢に入ってくる。
また、このアジアンデリヘルに関しては上記でも述べたように本番したいという人には非常におすすめだ。というのも、まず上記で筆者が訪れた○○○○アイランドのように本番サービスを提供することが当たり前になっているような裏風俗店がみられることが第一の理由だ。もともとデリヘルで素股といった形で本番せずに抜くという風俗の形態は日本独自といってもよいもので外国ではほぼ皆無だ。

外国の風俗店では日本のソープのように、基本的には本番を行うことが当たり前となっているところが多いようだ。

したがって、中国人などのアジア人の女の子たちは「風俗=本番」となっており、本番へのハードルがかなり低い。また、お金に困っている子も多いため、多少別料金をちらつかせれば喜んで本番に応じてくれるケースも多い。

あと、アジアンデリヘルに関しては本番行為がトラブルになる可能性が低いのではないかと個人的に感じた。

なぜなら、このようなアジアンデリヘルで働いている女性達は風俗で働いていることが公になると日本にいられなくなる可能性が高いためだ。したがって、こちらが弁護士などを立てて訴訟に出るというようなケースは女性側も避けたいはずだ。したがって、女性の側にもトラブルを大事にしたくないという思いがあることが想像できる。そのため、日本人のデリヘルよりも本番行為に伴うトラブルは少ないのではないかと思う。したがって、池袋のデリヘルで本番を狙うのであれば、まずはアジアンデリヘルを攻めてみることをおすすめしたい。

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す