那覇市のデリヘル嬢は本番OK率が高い!沖縄の裏風俗事情

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

那覇市のデリヘルは可愛い娘との本番への期待が高い!

だから、他の裏風俗よりも、著者はもっぱらデリヘルを利用している。沖縄旅行の楽しみの1つでもあるのです。

沖縄県那覇市は少し前まで裏風俗が非常に充実したスポットであった。しかし、裏風俗の真栄原のちょんの間が壊滅してしまったのを皮切りに、栄町のちょんの間旅館も壊滅、現在では別記事で紹介した連れ出しスナックが残る程度になっている。したがって、これからの那覇市はソープランド・デリヘルといったような裏風俗ではない一般的な風俗で遊ぶという遊び方が主流になってくるだろう。

特に、松山の歓楽街を歩けば客引きによる、キャバ&本サロの勧誘も凄まじいものがある。

初見の人間はたいがい動揺するだろうが、松山のタウンルールだと思っておいて良い。

沖縄の本サロは基本ぼったくりはなしとの定評はある。だから本サロへの誘惑も後ろ髪が引かれた。だが、沖縄在住の友人によれば、デブ・オバサン・ブスに当たる確率が高いとのことなので、今回はデリヘル本番にフォーカスすることにした。

那覇市のデリヘルは競合が多いので本番OK率は高い!

さて、那覇市のデリヘル事情だが、那覇市は風俗・デリヘルの競争が激しいスポットになっている。日本でもトップクラスの離婚率を誇り、収入についてもこれまた日本でトップクラスの低収入。こういった条件がそろっているため、仕事が無くて生活に困窮した女性が風俗業界に殺到しているという実態がある。

 

ひどい話では未成年の娘を母親が風俗で働かせるという事例もあるようだ。

早くに自立を迫られる貧困世帯の未成年たちは、ピンサロや援デリ(売春組織)、個人売春などをして、なんとか収入を得る。16歳を超えれば飲食店やコンビニなどの仕事がある。未成年の中でも、特に貧困家庭の中学生が経済的に困っているという。

「キャバクラが昔みたいに未成年を囲えば、売春する未成年は減りますよ。子供はカラダ売るより、キャバクラのほうがまだいい。いろいろな人との会話、接客することが勉強になるわけだし。一度、中学生を雇用しちゃうと、県全体から集まる。一人が働くとその友達に口コミで広がるから読谷の子が多い年もあれば、コザや宜野湾が多かったり、バラバラ。未成年は松山だけじゃなくて、仕事ができる場所と店に集まる」
東洋経済オンラインより~中学生が売春に走る沖縄の貧困の残酷な現実

JSやロリコンが大好きな人には垂涎ものの話しだろう。だが、運が悪ければ逮捕されるので気をつけようとしか言えません。ま!これらのJS・JKの風俗も時間の問題で壊滅されることを予想する。

沖縄県では、女性自体の需要が多いため、デリヘルだけではなく、風俗全体の競争はかなり厳しくなっている。

沖縄のデリヘルの特徴では年齢が若い・スタイルが良い・顔がかわいいといった上玉の女性は高級デリヘルで働き、

30歳を超えている女性、スタイルが悪い女性、ブスは格安のデリヘルで働いている。

したがって、那覇のデリヘルは1時間で6,000円のデリヘルがあるかと思えば、その2倍以上の値段のデリヘルもあり、お財布の具合に合わせて楽しめるようになっている。

また、本番についても非常に緩く、女の子と交渉すればエッチの相性が合えばOKの可能性が高い。

NG気味の女性でも、交渉すれば追加料金を渡すことでほぼ本番が可能になる。

+5,000円を払うことで本番することを店の裏オプションという形で従業員に指導している店も多く存在する。

 

那覇市のデリヘル本番体験記

少し前に沖縄の那覇に行ったときの話だ。サーフィンにはまっていた頃はかなり頻繁に沖縄の那覇を訪れていた。

そのころは真栄原のちょんの間あたりで一発やって、辻町のソープランドでもう一発やってしめるいった遊び方をしていた。

ただ、真栄原のちょんの間が壊滅してしまい、裏風俗といえば、連れ出しスナックがある程度になってしまった。連れ出しスナックでの遊びも体験したが、やはり30,000円以上の金額がかかってしまうので、財布に優しい遊び方とは言えない。この連れ出しスナックの体験記については他の記事で触れているので、そちらに譲りたいと思う。

今回は友人がおらず、一人で那覇に来ていることもあり、夜中に那覇の繁華街を飲み歩く気にはならない。したがって、今回は初めて那覇でデリヘルを利用してみることにした。

意外にも那覇でデリヘルを利用するのはこれが初めてになる。どうも、裏風俗の方が確実に本番出来るということもあり、裏風俗がある土地に行ったときはそちらを優先してしまっている自分がいる。ただ、以前那覇に友人と一緒に旅行に来た時、夜中にムラムラした友人がデリヘルを呼んでかなりいい思いをしたという自慢話をしていたので一度は試してみたいと思っていた。

 

さまざまなタイプがある那覇のデリヘル

宿泊先は「ソルヴィータホテル那覇」というホテル。松山エリアにあるホテルだったので、歓楽街へ遊びに行きやすいと思って予約したのだが、結局気分が乗らなかったので、ホテルにデリヘルを呼ぶことになってしまった。さて、デリヘルだが那覇のデリヘルにはかなりの選択肢があり、価格帯もまちまちなので、かなり迷ってしまった。

ただ、本番をしやすい土地柄ということは聞いていたので、さらに確実性を求めて人妻デリヘルを選ぶことにした。

都内でも人妻デリヘルであれば、80パーセント以上の確率で本番出来るので、那覇であれば、最悪でも別料金を払えば本番出来るのではないかと考えた。利用したデリヘル店は「人妻パラダイス」。料金としては60分で7,000円程度。この料金で本番出来ると考えればかなり格安の値段だ。

あらかじめインターネットで候補に挙げていたSちゃんを呼ぼうとしたところ、松山ならすぐ近くなので、10分で行けるとのこと。

準備していると言葉通り、すぐにデリヘル嬢のSちゃんが到着した。

 

交渉なし!デリヘル嬢の名器を堪能!

Sちゃんについては30歳は超えているが、かわいい奥さんといった感じ。元モーニング娘の紺野あさ美に似ている。洋服を脱がすと幼児体系だったのが残念だったが、かなり感じやすい体質のよう。浴室ですこしじゃれ合っているだけでお○んこは洪水状態になってしまった。その後、ベッドでプレイをスタートしたのだが、全身リップなどのヘルスサービスはやってくれるのだがいまいち気持ちよくない。しかし、こちらから攻めるとガンガン感じてくれるので、Sっ気のある人とは相性抜群だろう。

さんざん、感じさせた後、挿入しようとすると、特に何も言われずにゴム有り本番スタート。

自分が感じさせて気持ちよくなっていたということもあるが、誰でも頼めば生本番させてくれそうな雰囲気。

ただ・・・予想外だったのは・・・このSちゃんはかなりの名器。すごい締め付けで数分で発射してしまった。その後も時間が余ったので再度愛撫していると、また濡れてきたので、バックで本番スタート。バックはさらにしまりが激しくなり、ほとんどインターバル無しの2発目であるのにすぐ発射してしまった。

Sちゃんとの本番はここ最近無いほど気持ちよかったので、Sちゃんの出勤を確認して、Sちゃんがいる前でロングコースという6時間66,000円のコースを予約。次の日の夕方に来てもらって、6時間で4発(1発不発)もやりまくってしまった。久々に気持ちいいセックスをした。

Sちゃんが都内のデリヘルにいたら間違いなくはまって通い詰めていたと思う。それくらい気持ちいいセックスが出来た。

沖縄は開放感がある土地なので大好きだ!

 

合わせて読んでみて欲しい⇒沖縄松山の割り切り出会い!18才の援交シングルマザー

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す