大塚での本デリ体験談

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

結論から言えば、大塚だからと言って本番させてくれるデリヘル店がすべてではない。結局はお店の情報探知力。デリ嬢の気分次第。貴方の交渉次第と言うわけだ。このご時世、大塚のデリヘルで基盤が100%できる営業をしていたら即摘発である。

だが、大塚には本デリはあるにはある!特に平常時の新規客には、もちろん表向きは普通営業だ。だが、店の常連になったり、馴染みになることで本番OKの嬢を暗黙の了解で派遣してくれるという仕組みである。自宅やホテルに来てくれる本番をさせてくれる女性を呼びたくば、裏風俗の援デリにアクセスした方が鉄板である。実際、大塚エリアの出会い系サイトの掲示板には自分の店の嬢を派遣している業者も多いのだ。

大塚で本番したくば、どちらを利用しても変わりはないかもしれん。

私自身も、出会い系サイトでの援助目的の女性でいい子がいなかったり、そもそも出会い系サイトの援助の相場とかけ離れたような金額を要求してくるような女性ばかりだったときに、よく利用するのが東京豊島区の大塚のデリヘルだ。この大塚エリアのデリヘルの中には通称「本デリ」と呼ばれている裏風俗があるという噂が以前からはある。

この裏風俗「本デリ」が、裏風俗たる所以はその名の通り、本番ができてしまうデリヘルであるということだ。通常のデリヘルでも交渉次第では本番ができてしまうこともあるが、この「本デリ」は基本サービスに本番が含まれているのが違いになる。このような「本デリ」に関しては大っぴらには宣伝していないが、某有名掲示板の情報などを見ていくと、どのデリヘルが「本デリ」なのかということは分かるように情報が公開されている。

ネットで実名を上げると摘発要因になるので、ここで名前を挙げるわけにはいかないことを承知して欲しい。

暗黙の了解で本番へと進んだ大塚でのデリヘル体験

honderi-jou 平日の昼間に以前いったことがある大塚のデリヘルに電話する。あらかじめホームページでチェックしていた20代の嬢をチョイス。19時に大塚駅のラブホテルで利用する旨を伝える。料金は60分で20,000円程度、その日は仕事が終わった後に大塚に直行する。

ラブホテルの「PRINCESS3世」にチェックイン。このラブホテルは昔「小さな恋の物語」という名前で、学生時代には大変お世話になったラブホある。現在はリニューアルしたため、昔とは違って非常にきれいなホテルになっている。この「PRINCESS3世」というラブホテルにチェックイン後、店に電話すると時間ピッタリにお目当てのS嬢が登場した。

ホームページの写真よりは-30パーセントといったところだが、デリヘルではよくあることなので、気にしない。その後、お風呂に入って、一通りのサービスを嬢から受けた後にコンドームを付けて合体。ちなみに、いちいち交渉をする必要はなかった。ソープ嬢と行為をするような感じで暗黙の了解での本番・基盤である。

途中でコンドームを外して生で挿入しようとするが、そこは拒否されたけど(汗)時間ぎりぎりまでS嬢の若い体とFカップの巨乳を堪能して発射。すっきりとした気分で大塚を後にした。本デリに行ったの?と質問されたら、そうだよ!って答えるしかない結論である。

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す