新宿歌舞伎町で援交ナンパ

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

歌舞伎町

新宿の歌舞伎町で援交ナンパをするのも一興だ。「変なおっさん!」って言われないように相手を見極めてからナンパをすることが必要なことは言うまでもないだろう。最近は新宿でも、声をかけてくる人に対して女性も敏感だといわれている。それは当然のことで、客引きとかに厳しい印象を持っているのだ。信頼されることが、声かけのナンパで援交を求めるときには大事で、裏風俗には無い良さを提供してくれる。出会い系に存在する裏風俗を利用すれば、楽して本番することはできるが、援デリには無いスリルが、声かけのナンパには用意されている。

俺は久しぶりに、声をかけて援交をすることを狙ってみた。場所は新宿の歌舞伎町。石を投げれば、金を払えば抱けるアバズレ女が大勢いる街である。純粋な出会いには少し不向きだが、裏風俗の女性があまりいないので、情報としてはいいところである。新宿は風俗もあるが、情報としてそうした人が立っているだけのことはない。だからこそ、素人の女性を狙いやすいのだ。新宿は、割り切りでヤレる女が大勢いるということを覚えておくと良いだろう。

色々と物色を開始すると、地味な女性が1人で立っていた。あまり女性っぽい派手さもなければ、印象も薄いような感じだ。そうした女性は、実は狙いやすいのだ。地味な女性は、男性に対する意識が薄く、声をかけて、割り切りで遊んであげるとセックスまでいけることもある。さらには自分と付き合いが出来ていると、勘違いすることもある。出会いの際には、『何をしているんですか?』と声をかける。これが一般的なナンパ手法だ。その上で、嫌がるようならそれ以上はしない。嫌がらないなら、時間があればお茶でもどうですかと誘う。すぐにセックスや本番の条件は切り出さない。勿論援交の相談についても後からにする。

俺の場合は、声をかけた仕事帰りのOLが応じてくれたこともあり、まず新宿のドンキホーテの迎えにあるカフェに行った。そしてコーヒーとケーキを注文させて、全て自分が払った後、ホテルに行っていいことしないかと誘った。ちなみに、ここのケーキはかなり美味しかった。その後相談をするのだが、援助についても、3万円以上出すから、今日だけやらないと援交の相談をしてみたのだww

 

困惑していたようだが、お金が欲しかったのか、優しくするならいいと話をしてくれた。これによって一応、本番交渉は成立。援交相場以上の価格だがナンパで即セクを約束させるには十分な条件である。そして、地味な女性との援交関係を手に入れた。トータル3時間以上、ホテルでラブラブしてエッチするのは恋人感覚でセックスするのと似ている。金の力での援交ナンパは超強力な手段だ!愛も金で買えるのではないかと誤解してしまう。俺の愛は金では買えんがね!!

新宿のラブホテル

これだから、お金を武器にした素人女性のナンパは辞められないのだ。

今回よかったのは、継続して援助の関係をもてたことである。1回目で余程気持ちがよかったのか、次は地元である市川で出会い、そこでまた援助の相談をしてセックスをした。徐々に彼女は変わったように思う。見た目も地味さが抜けて、むしろファッションセンスのよさが光って、可愛い女性になった。ただ援交の要求額が増えてきて、飽きた頃合いを見て関係を自然消滅させた次第である。5才程度しか年が違わない女からパパと言われるようになったのにはやや照れた(笑)たまにはストリートで援交希望のナンパをするのも、男の狩猟本能を満足させる為の修行だと言うことを伝えておこう。

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す