バリ島風俗6選【遊び方・相場・場所を網羅】バリの夜遊び最新情報

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

2018年11月下旬。東京の寒空を抜け出し平均気温28度のバリ島に訪れました。寒い場所から温かい場所への変化はテンション上がりまくりになるものです。今回は地元在住のアランの案内でクタ、スミニャック、サヌール地区の最新風俗情報を体験取材して参りました。バリ島が初めての男性諸君に2019年向けの最新風俗遊びをご紹介。

バリ島の風俗は年々高騰している、、が!!

交渉上手であれば最安800円で抱けちゃうのだ!

バリ島の風俗の種類、相場、場所等も詳しく掲載しています。

以後は敬語でなく、ノリで書かせて頂きます笑

バリの夜遊びの選択肢が確実に広がると思うので役立てたら幸いなり♪

バリ風俗の最新事情

2018年末。バリ島の風俗も年々高騰している。それは、東南アジア全域でも同様の傾向がある。なぜなら、コミニュケーションが下手くそな日本人観光客が言い値で女性を買いまくった結果である。お土産品、タクシー等も同様である。日本人が言い値で買ってくれるから、値段を釣り上げても良いという認識が広まっているせいだ。

だから、ローカル相場(地元の通常相場)の2倍、3倍は平然と吹っかけてくると言う状況なのである。

日本人=金持ち=コミニュケーションが下手=簡単に騙せる

という図式が成り立っているのが非常に悔しい次第だ。だが、私はこうした認識を、少しでも改めさせる為。日本人を代表して自分なりに交渉して買い叩くというやり方を取ってみた。続々と旅行に来る日本人の為にも舐められちゃいかんと思ったから。

今回、友人の紹介で、元ビーチ・ボーイのアラン(日本語が堪能)が、私の為に8時間以上もガイドを担当してくれた。サーフィンと女性をこよなく愛するいかついがナイスなおっさんである。地元に精通しているので非常に頼もしい次第だ。

アランが言うには、バリの風俗嬢は地元民は少ないとのこと。ジャワ島やスマトラ島などの出稼ぎの女性が大半らしい。インドネシアには厳然とした階級社会で生まれや育ちにより就ける職業が限定されるというのである。首都のジャカルタは地元勝ち組の集まりで夜遊びの料金もバリと比較しても相当割高だと言う。

ロリコン好きのおじさんなどは未成年売春が目的でインドネシアの島巡りをして貧困女性を買っているアホも居ると言っていた。その逆に生粋のバリ生まれの女性は身持ちが固く。口説いてもなかなかセックスをさせてもらえないらしい。

 バリ風俗6つの選択肢〜夜遊びするならどれ?

バリの風俗は大きく分けて以下の6つにジャンル分けされている。予算や趣向、自分好みにチョイスして夜遊びをしてみてはどうか?

  1. ポン引き
  2. サヌールの置屋
  3. たちんぼ
  4. マッサージパーラ(ソープランド)
  5. KTV(カラオケ)
  6. エスコートサービス(デリヘル)

深夜のデンパサール空港に付いて一泊3000円のホテルにチェックイン。早速、タクシーの運転手にレギャン通りに行って欲しいと伝えたら、『ブンブン』『ジギジギ』行かないか?と頻繁に誘われた。両者共、セックスしないか?という意味である。タクシーの運転手は、ポン引きも兼ねているのだ。OKを出せば、タクシーの運転手の紹介手数料が込みになるので料金は割高になるというわけ。

男性同士で夜の繁華街を練り歩けば、高確率でポン引きからの勧誘を受けることになるだろう。

1.ポン引き

ポン引きによる条件相場は70万ルピア(約5600円)

PM9時以降にレギャン通りを歩いていると、「ブンブン・ジギジギ(セックス)やらない?」と声をかけてくる男性が地元のポン引きである。時にはタクシーの運転手も勧誘してくる場合もある。副業でポン引きをやっている地元男性も多いようだ。当然、ポン引きの手数料も含まれているので、通常よりも料金は割高になる。

遊び方としては、興味を示すだけで良い。自然の流れで、近所の置屋(ヤリ部屋)まで連れて行かれて、そこを仕切るボスと呼ばれる元締を紹介されて交渉して締結。

Bisakah saya memutuskan setelah menonton seorang wanita?

※インドネシア語で女性を見てから決めて良いか?という意味

なるべくなら、ポン引きとの直交渉を避けて、置屋のボスと直交渉をした方が良いだろう。実際のローカル相場は30万ルピア(約2400円)程度だ。しかし、ポン引き経由なら、100万ルピア(約8000円)以上、相手を見て吹っかけてくることだろう。値引き交渉も可能である。

インドネシア語、ジェスチャー、片言の英語で女の子を見て決めても良いという旨を伝えると、どこからともなくスクーターで女の子がやってくるので、その中から選ぶ仕組み。後は貴重品等の管理に注意して流れに任せるだけで良い。

後、国際テロが起きた2005年くらい迄はレギャン通りが最大の賑わいを見せていた。しかし、それ以降はクタスクエア周辺に賑わいが移行している様子だ。クタ・ビーチから徒歩圏内のクタスクエアが最近のトレンドスポットだとアランは言っていた。確かにレギャン通りよりも、クタスクエアのマタハリデパート周辺の方が観光客が多い印象を受けた。当然、勧誘するポン引きもそちらに流れていると推察できる。

2.たちんぼ

 

たちんぼの最安相場は10万ルピア(約800円)〜見た目が良い美人の場合は30万ルピア(約2400円)が相場。

たちんぼを探して(または気づいてもらう)、声をかける遊び方。

夜のレギャン通りやスミニャックのダブルシックスのクラブ周辺にフェロモン出している浅黒い女性達がたむろしてしているだろう。その中で目が合ってニコッと微笑んできたりする女性はたちんぼ風俗嬢で確定である。

地元在住のインドネシア系の女性とノリで交渉するのが最安で本番できるのが実情である。ナンパに近い感覚があるので、言葉が話せない日本人には若干難易度が上がる遊び方である。

ローカルの交渉相場は、最安10万ルピアである。自己評価が低い女性であれば、マジに10万ルピアで抱けるとアランは言っていた。アランを紹介してくれた日本の友人は6万ルピア(約480円)で一発やったことがあると自慢していた。

ただ、日本人相手であれば、最初は80万とか吹っかけてくる場合は珍しくはない。その時は、余裕で首をブンブン振りながら指を1本(10万ルピア)立てて交渉を始めると良いと言っていた。なぜなら、置屋のローカル相場でも30万程度だからである。

ただし、最安値に応じるたちんぼは性病持ちのリスクは高い。ゴムは必ず必須。生フェラも絶対止めた方が良いだろう。また盗難にも警戒度MAXで挑むことが必要である。

なぜなら、たちんぼは集客に困らない店舗型(KTV,マッサージパーラー、置屋)の風俗店では働けない。何らかの理由!?があると推察できるからだ。また、ニューハーフも混在するので要注意だ。

リスクを負っても良いので、最安で本番セックスしたい方の為の選択肢という位置づけである。バリ風俗の中でも最下級の遊び方と言えるだろう。

ダブルシックスのクラブは最高のナンパ場所

その半面、質が高いたちんぼ女性や高級娼婦を狙うなら、深夜のスミニャックのクラブ周辺を探索すると良いだろう。スミニャックのダブルシックスのクラブ内には裕福な西洋人のパリピもわんさかいる。それらを目当てに自己評価が高いたちんぼ嬢達が群がるというわけ。

地元のサーファー兼、ビーチボーイは、貢がせる日本人女性をターゲットにナンパしまくっているらしい。

Jalan Laksamana Oboroi No.177X, Seminyak, Kuta, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80561 インドネシア

ダブルシックスのLA FAVELA(クラブ)は平日でもメチャンコに盛り上がっていた。突然、泥酔したブロンドの白人女性が肩にもたれかかって来て早口の英語でまくしたてられた。好意的な印象ではあったが、何を言っているのかサッパリ!こう言う時に英語は必須だと思った次第だ。

確かに、LA FAVELAは地元民もオススメする最高のナンパスポットである。

 

3.サヌールの置屋

ポン引き経由での観光客相手の提示相場は100万ルピア(約8000円)

ボスとの直交渉によるローカル相場は30万ルピア(約2400円)

観光客相手と地元民や慣れた顧客相手との相場は雲泥の差があることを覚えておいてもらいたい

バリ島風俗のメッカ!サヌールの置屋は日本でも有名だ。サヌール付近は高級リゾートや閑静な住環境なのが特徴だ。またビーチもクタよりは綺麗なので長期間滞在に向いている場所でもある。一見、さわやかな観光地と思われるが、夜の路地裏は正反対の様相を呈している。バリ島最大の風俗地区が点在している。それが、サヌールの置屋である。

アランに連れて行ってもらった最初の風俗がサヌールの置屋である。スミニャックから車で30分くらいかかる場所にある。かなり怪しい路上裏に複数の置屋が点在している。

置屋に行く場合の注意事項

タクシーの運転手やサヌール置屋の前でたむろっているポン引きの斡旋で行ってしまっては相場が激上がりする。その為、置屋のボスと直交渉することが低料金で遊ぶ為の必須事項となる。

仲介や斡旋を通じてしまうと100万ルピア(8000円)に相場が跳ね上がる。直交渉だと30万ルピア(約2400円)。言い値だと相場の3倍以上支払うことになるからである。これは、バリ島置屋で遊ぶ為の共通認識として覚えておいてもらいたい。

その為、行き方としてはタクシーでサヌール置屋に直行と言うのは避けたい。

まずは、

置屋に歩いて行けるサークルKを目指そう。

例えば、クタからサヌールに向かう場合、以下の名称をグーグル・マップにコピペして入力。そこで出力された画面をタクシーの運転手に見せよう。

ATM CIMB NIAGA (Circle K Danau Poso), Jalan Danau Poso, Sanur Kauh, デンパサル バリ インドネシア

Jl. Danau Poso, Sanur Kauh, Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali 80228 インドネシア

 

仲介手数料を期待しているタクシーの運転手は、「ブンブンか?」と高確率で聞いてくる。その時は毅然とNO!と言えば大丈夫。友人と待ち合わせしているとか行って適当にはぐらかせば良い。とにかく、目指すはサークルKに直行。

サークルK正面左手の小道をまっすぐ向かう。夜はちょっと怖いかもしれないが、200メートル程度歩くと右手に以下のゲートが見えてくる。

アランに教えて貰った置屋は2箇所。アラン曰く、ここの67Xの置屋が観光客からの知名度も高く一番人気だと言っていた。

しかし、サークルKから徒歩で行くと、親切な関係者を装って声をかけてくる男性もいる。しかし、ノーサンキューとガン無視。金魚鉢の前にいるボスに直接声をかけて交渉することが最安値のローカル相場30万ルピア(約2100円)で遊ぶコツである。

Who’s the boss?(フーズザ・ボス)と言って探せば良い。

遊び方は簡単である。その置屋を取り仕切るボスと、時間、内容、値段交渉をすれば良い。ローカル相場は30万ルピアだと言うことを知っているという態度が重要だ。料金は先払い。成立すると近接するやり部屋でセックスする。基準は1時間。ホテル連れ出しはNG。だが、交渉次第では時間延長は可能である。

金魚鉢(女の子を外から確認できる小屋)があるので、その中から気に入った女性を選ぶ仕組みである。(上記画像を参照)

もちろん、小屋の中の写真撮影はNGである。

ただ、残念なことに、私が行った時間帯は深夜12時近くだったので、あまりお気に召す女の子が居なかったので次の置屋に移動。

二つ目の置屋は現地住民、アランオススメの置屋である。67Xから5分程度の現地人愛用の置屋だとのこと。住所は不覚にも、酔っ払って確認が取れずごめんさない。

この周辺には色々な置き屋が存在するので探索するのも良いだろう。アラン曰く。置屋開店時刻の19時前後が一番の売れっ子がいる時間帯とのことである。サヌールの置屋に遊びに行く場合は19時ジャストに行くのがベストだ。

二軒目に行った置屋には金魚鉢は存在しなかった。薄暗い民家のような場所で待機。5分経過するかしないかで数人の女性がスクーターに乗って登場。その中から選んで近接のやり部屋で本番することには変わらない。相場は、若干上がって50万ルピアに跳ね上がった。いくら買い叩いても強気の姿勢は崩さない。どうやら、ここの置屋の相場は高いが、女性の質はまあまあ良いようだ。

この中で緑色の女性が一番タイプだったので指名。即、横のやり小屋に移動した。

ノリノリで写真撮影に応じるキティちゃん。

やり部屋もクーラーが効いていて、シャワー室もそこそこの感じ。他の置屋に比べると清潔感があった。本当に住所を確認できなくて申し訳ない。全身リップサービスをしてくれた後、ゴムフェラ。その後に女性上位で挿入。向こうから腰をガンガン振ってくれて即果てる。その後は、即帰るかと思いきや、スマホのアプリで世間話しに興じる。彼女はジャワからの出稼ぎで5年もこの仕事に従事していると言う。エッチとお金が大好きだと言っていた。

置屋の風俗嬢と裏引き交渉!ホテル連れ出しは可能か検証

 

※掲載承諾済み

キティちゃんは、非常に愛想が良かったので、10万ルピアを募金。

ビールを一緒に飲みながら、調子に乗って、裏引き交渉も試しにしてみた。明後日の19時に100万ルピア(約8000円)でスミヤックのホテルにワンナイトで遊びに来てくれるか聞いてみた。置屋を通じるよりも、単独交渉の裏引きだと彼女の取り分も100%なので非常に喜んでくれてライン交換を促される。(結局、呼ばなかったが、、)

多分、2〜3日分の稼ぎを一日で達成できるからと推察。

つまりは、貸し切り状態も裏引き交渉なら可能ということである。現地の風俗嬢と恋人気分で観光したり、ホテルに連れ込んでエッチしたい方は、まずは置屋経由で知り合った後に直デリ交渉するのも選択肢の1つである。その為の前フリとしてチップを弾むのは大正解だ!

 

4.マッサージパーラー(本番マッサージ)

Royal Palace Spa Kuta

マッサージパーラの相場は90分 120万ルピア(約9600円)

翌々日の15時頃に訪れたのはレギャン通りから車で15分(距離は短いが渋滞が凄すぎ)の場所にあるロイヤルプレースクタと言うマッサージパーラである。ソープランドにマッサージを融合させたような本番風俗である。ポン引きを経由せずに、直接訪れたのだが120万ルピアからビタ一文まけない姿勢に驚いた。

おいおい、どうせ日本人だと思って吹っかけてるんだろ?そう思って、退店しようと見せかけたが、止める様子なし。つまり、交渉失敗である(泣)

しかし、ここでも金魚鉢が存在するのだが、その中でもとびっきりに可愛いモデル級の美女を発見。仕方なく120万ルピアで応じた。遊びの流れとしては、金魚鉢の中から女性を指名。料金を先払い。女性同伴で上の個室に案内される。

※撮影承諾済み

今まで見たインドネシア女性の中でもピカイチ!私好みである。ただ、残念なことに個室は非常に狭くシャワー室も汚い。せっかくの美人との時間が興醒めなのは否めない。個室に入ると服を脱いでマッサージに入る。ただこの娘!マッサージが下手すぎ、、まるで事務作業のような流れで気持ちが全然入っていない。

30分も経たずに、即ゴムを装着してフェラに入る。おいおい!マッサージはもう終わりかい!日本語もちんぷんかんぷんな様子。そんなツッコミを無視にプレイに入りだす。ただね。超かわいくて、超スタイルが良いので私のアソコはもうビンビン。正常位から騎乗位。そしてバックにて果てる。残りの時間はマッサージでもしてくれるのかと思いきや、もう終了の雰囲気を醸し出す。

これで120万ルピアというのはちょっと、、そう思って足つぼマッサージを希望。またまた気持ちの入らない足つぼマッサージを始めた。賢者モードになって虚しさを感じた私は諦めて退出。当然、チップはなしである。

バリのマッサージパーラは値段の割には、女性の質以外、満足するものではなかった次第だ。ま!女性の良い面を引き出せなかった私の負けである。

店名 Royal Palace Spa Kuta
住所 Jl. Dewi Sri No.45A, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361
営業時間 12時~3時

5.KTV(カラオケ)

KTV(カラオケ)の相場 

KTV料金+ショートの本番込みの総額相場=250万ルピア(約20000円)

部屋チャージ 女性一人につき70万ルピア(約5600円)
飲食代別途(女性の飲食代含む)
ショート 150万ルピア(要交渉)
ロング持ち帰り 500万ルピア(要交渉)

※1時間で退出でも部屋チャージ料金は変わりません。

金魚鉢(女性の待機場所)の中からお気に入りの女性を指名。指名した女性と店内でカラオケや飲食を楽しむ。気に入れば女性と交渉して店外に連れ出せるという仕組みである。日本の連れ出しスナックの形態に近いだろう。

地元住民のアラン曰く。KTV(カラオケ)が最も女性の質が高く美人が多いと言っていた。日本で言えば高級キャバクラのようなものである。一緒に飲んで、食って、歌って、騒いで、セックスのフルコースである。当然、料金は置屋と比較すると高い。女性と飲んで歌って騒ぐ程度であれば、100万ルピアでも十分に楽しめるが、KTVで働く女性達はプライドが高いのだと言う。

ただ、セックスだけすりゃいい置屋の女性とは違って、男性を喜ばせる接待技術が付加価値として加わるのだ。

KTVのスタッフに日本語を話せる女性を希望すれば、金魚鉢の中で、あの娘と、あの娘といった具合に指差しで教えてくれる。

酔っ払わせて気持ち良くさせれば、100万ルピア程度で連れ出せるかもしれないので、セックスするしないは別にしてキャバクラ感覚で楽しむのも一興かもしれない。バリのKTVは友人達でバカ騒ぎする遊び場としてはオススメである。

※グーグル・マップには店名で検索すると良いでしょう。

店名 Grahadi Entertaiment KTV

住所 Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361

開店14時~AM2時

6.エスコートサービス(デリヘル)


https://www.eurogirlsescort.com/escorts/bali/

エスコートサービスの相場は、登録されている女性次第により変動する。

新人からTOPモデルまでの料金の差が激しい。

1時間100ドル〜400ドル

海外のデリヘルのことをエスコートサービスと呼ぶ。各々の風俗嬢は、エージェントと提携してその地域で出稼ぎをしている。有名なのは世界各地にまたがりサービスを展開しているユーロエスコートである。世界を周遊しがらお金を稼いでいる世界各国の女性達が在籍している。画像をご覧の通り、バリ島で活動している高級ブランドのモデルを務めるような超美人も料金は割高だが呼べる。しかし、前日にコンタクトを取らないと、今スグ呼べるとは限らない。利用するなら事前コンタクトは必須である。

翻訳英語でも十分に交渉はできるが、呼んだ時に英語を全く話せないと事務的なセックスに終始するので、翻訳機があると一層楽しめることだろう。

また地場のインドネシア人だけで構成されているエスコートサービスもある。

Bali Beauty Escortsは料金が明示されているので安心して利用できるだろう。一晩貸し切り、デート、三日間も一緒にいるプランまであるので様々な要望が可能である。

http://balibeautyescorting.com/

 

バリ島の治安~交渉時のマインドセット

バリ島の治安は必要以上に恐れる必要はないと言いたいたいところだ。ただし、バリ島の治安は日本と比較すると当然悪い。夜遊びをする際にも、バッグのチャックは必ず閉めておき、ひったくり防止の為にしっかりと肩にかけて持つ。インドネシアの女性とセックスする前のシャワー時も荷物管理はしっかりとしよう。

バリ島で隙を見せると犯罪を誘発してしまう。つまり、隙を見せる方が悪いというのが暗黙のルールだ。

日本に居る時のような不用心には要注意。まず、携帯電話や荷物を肌身離さず管理しておけば基本的には大丈夫。後、クラブとかでの殴り合いの喧嘩は絶対ご法度。地元人も恐れるマフイア(Laskar Bali(ラスカルバリ)が介入するとトラブルが拡大するらしい。

観光客の日本人だからと言って、ぼったくろうとする地元住民に対しては、毅然とNOを言うことは重要である。日本人=金持ちという印象は東南アジア人共通の認識である。これは風俗遊びをする際の交渉時にも重要なマインドセットだ。言いなりになる必要は一切なし。後に続く日本人の為にも不要なぼったくり料金を払ってはいけない。

まず、最低料金で交渉するというマインドセットで問題なしだ!

成田空港からの移動相場

スカイスキャナーを使えば成田空港からは最安38000円代(乗り継ぎ1回13時間程度で航空券もGETできる。直行便(7時間半)なら10万円前後と言ったところだろう。ちなみに、バリ島のホテル代は日本と比較すると破格のコスパなのでツアーじゃなくオリジナルの旅程を組んでも風俗遊びを自由に楽しめる。エクスペディア経由だと一泊5000円程度でレギャン通りの3つ星ホテルには余裕で泊まれる。

時期を選べば、国内旅行に行くよりもお得感は満載である。

まとめ

バリ島を訪れる初心者の男性諸兄に、なるべくわかり易く書いたつもりだったがいかがでしたでしょう?

バリの風俗嬢の大半は、各インドネシア諸島からの出稼ぎ女性が多い印象を受けた。生活が困窮しており、家族に仕送りを送っている女性も少なくありません。だから、バリ島の女性と特別な関係を築きたい場合は、チップを気前よく弾むと、心を開いてくる可能性が高いと感じましたね。

一晩貸し切り、観光デート等は置屋や風俗店を経由せずに、女性と直交渉するとリーズナブルに遊べる可能性は大きいです。上述したサヌールのキティちゃんは100万ルピアでホテル出張&一晩OKだと応じてくれたのが何よりの証拠。また、女性本人も100%自分の取り分になるのでメリットは大きいのでしょう。

バリ島の風俗嬢は、100万ルピア(約8000円)を稼ぐことは容易ではないのです。バリ島の国立病院の医者の給料でも1000万ルピア以下と言う。

こうした女性に愛の手ではないが、ケチらずに奉仕することで事務的なセックスを回避。気持ちの入ったセックスや交流をすることもできると感じた次第。また、旅行時限定の恋人関係を築くことで現地の言葉も覚えられるので一石二鳥かもしれませんね。

是非、バリの遊び方の参考にして頂けたら幸い。

次のバリ島再訪を楽しみにして筆を置きます。ではまた☆

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)