岩手盛岡市の本サロの裏風俗を体験〜奥州市や八幡町で本番を求め散策

呼びたいデリヘル嬢がいない時の代替え案

岩手県にももちろん風俗は存在する。それも、このような地方にはありがちな裏風俗になる。岩手県の裏風俗の代表が本サロになる。本サロというのは本番が出来るピンサロのことを言う。この本サロが岩手県の代表的な裏風俗だ。

岩手の本サロとは?

さて、この本サロについてだが、現在では盛岡市と奥州市にあると言われている。奥州市というのは盛岡県内では3番目の人口を誇る都市となっており、盛岡市から電車もしくは車で約1時間ほど南下した場所にある。この奥州市の中心となる駅が水沢駅で、この水沢のエリアに岩手県の裏風俗である本サロが存在していると言われている。

岩手の本サロの特徴と相場

さて、岩手県の本サロについてだが盛岡と奥州市の本サロを比較すると、盛岡の方がその相場は高くなっている。

盛岡については1発15,000~20,000円程度、対して奥州市の水沢の本サロの方は1発13,000円程度とされている。

なお、水沢の本サロについては最初に女の子が来て、30分ほど会話するので3,000円。そして、その女の子が気に入れば、10,000円を追加料金で払って1時間の時間制限で本番する形になっているとされている。10代のような若い子はいないが、当たれば20代のけっこうかわいい子と本番出来る場合もあるとされている。

ただ、これは特に奥州市の本サロについてだが、本サロの従業員の中に60歳を超えるババアがいるという噂が掲示板やブログなどでまことしやかにささやかれている。したがって、このような怪物がいる可能性も十分に想定する必要がある。

岩手の本サロの調査結果・本番スナック体験記

筆者の取引先の関係で岩手県の奥州市には何度か訪れたことがある。最近は少しご無沙汰しているが、前回訪問したときの話をしたいと思う。

知られざる奥州市の裏風俗

はっきり言って奥州市に何度か訪れていたが、奥州市に裏風俗があるというのは全く想定していなかった。

盛岡には何度か訪れており、結構ピンサロなどで楽しく遊んだり、デリヘルを利用することもしばしばあった。盛岡の風俗の女の子は個人的な感想だが、比較的レベルが高い子が多いと感じている。

その理由としてはもしかすると隣に秋田美人で有名な秋田県があることが関係しているのかもしれない。

実際、自分が盛岡のデリヘルで遭遇した加藤ローサ似の大当たりだった子は秋田出身だった。したがって、毎回奥州市に行くときはあえて日帰りせず北上して盛岡に宿を取って、そこで一泊するというをいつもの流れにしていた。

今回もJR盛岡駅南口徒歩5分の「ホテルパールシティ盛岡」を予約していた。このホテルパールシティ盛岡はデリヘルを呼びやすいこともあり、完全に盛岡に宿泊するときの定宿となっている。

奥州市の裏風俗本サロの情報を入手

さて、今回も奥州市での打ち合わせが終わって、盛岡に向かおうとしていたところ、思いもかけずお客さんとの雑談の中で風俗の話になった。お客さんから「袋町のところに女の子とやれるピンサロがあってな~」という話で「袋町」というフレーズをインプット。盛岡に帰る前によってみることにした。

「水沢」と「袋町」といったワードと「本サロ」というキーワードを組み合わせていると、しっかりとそれらしいスポットが出てきた。どうやらビルの中に入っている店らしく、実際に探していってみることにした。

この袋町というエリアは水沢公園のすぐ近くのようだったので、タクシーの運ちゃんを拾って水沢公園に連れて行ってもらうことに。

さて、タクシーの中で運ちゃんにそれとなく本サロのことを聞いてみると、「あんまり聞いたこと無いですけどねぇ・・・」とつれない返事。ただ、インターネット上にはかなり詳しい情報が出ていたので、それを頼りに向かってみることにした。

本サロに実際に行ってみた

どうもこの奥州市の本サロはビルの中にまとまって入っており、1階、2階に本サロの店舗が存在するようだ。実際にインターネット上には画像まで公開されていたので、それを頼りに探したところ、意外に簡単に見つかった。

ただ、1階の奥にある「○クスタシー」という店はつぶれているような感じ。2階の「○地ハート」という店も誰も出てこない。どうやらつぶれてしまっているらしいと判断してその場を後にした。

せっかく本サロの入っているビルまで到着したのにかなり残念ではあったが・・・。

ただ、後日談だが、自分が訪問した日よりも後の日付で、これらの本サロの店に入って本番出来たという情報もインターネットには上がっていた。したがって、もしかすると自分が営業時間前に行ってしまった可能性もあることは否定できない。

盛岡八幡町のスナックへ

ただ、その時点ではもうつぶれていると思い込んでしまったので、一路水沢駅へ向かい、まっすぐ盛岡に向かった。

盛岡に着いたときはもう20時過ぎ。「ホテルパールシティ盛岡」にチェックインして荷物を置いた後、一杯ひっかけようと思い、早速盛岡の歓楽街である八幡町に向かう。この八幡町はスナックなどが多い夜の街だ。手頃なスナックに入ろうと思い、ふらふらしていると少しさびれた感じのスナックが目に留まった。

何となく、その店に入ると、若い女の子が出てくる。盛岡にしてはかなりかわいい女の子だ。おそらく20代だろう。熟女を想像した自分はかなり面食らったが、思わぬ幸運と思い、この子とカウンターで飲むことに。

この子の名前はSちゃんでもともとは渋谷のキャバクラで働いていたとのこと。ただ、色々あって地元の盛岡に帰ってきたらしい。すると、ママが20分くらいして帰ってきて、3人で飲むことになった。

盛岡は八幡町のスナックで本番

すると、ママさんから、「この子気に入ったんなら2階で遊んでいく。18,000円で30分だけど」との誘いが!!

どうやら思いもかけずに本番スナックがあるよう。盛岡にも本番出来るスナックがあるらしいという話を昔聞いたことがあったが、実際に入店するのは初めて。願ったりかなったりで18,000円を払って2階へ。もうかなり下でスキンシップは進んでいたので、すぐに布団に押し倒して服をはぎとります。

Sちゃんも興奮しているようでかなり激しくディープキスしてきます。もう我慢できなくなって、Sちゃんはまだ下着をつけたままの状態で挿入。全裸ではなく、下着を半分脱ぎかけの状態でセックス開始。

この脱ぎかけの状態でのセックスというのは意外に興奮するものがあります。何か強引にやっている感じ(ただ、実際は合意のうえだが)

Sちゃんは若いので締まりもよく10分程度でそのまま発射。その後はSちゃんに汗ばんだ体を拭いてもらって、そのまま下へ。最後にいっぱいビールを飲んで、そのまま店を後にした。

予想外に本番スナックに入ってしまうことになったが、かなり満足いくプレイが出来たので、ラッキーだった。場所も分かったので、また岩手に行くときは訪れたいと思う。

 

ホテルパールシティ盛岡
住所:〒020-0022 岩手県盛岡市大通3丁目7番19号

管理人がよく利用する出会い系サイト一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)